ドラム防音工事は音のプロ「環境スペース」へ

会社概要 サイトマップ
ドラム防音工事 問合せ・見積り
スペース
ドラム室
音響性能
デザイン性
価格
他社との違い
浮遮音層構造
開口部の遮音性
苦情の多い練習室とは
反射音コントロール
 
音の体験会
 
 ●お電話でお気軽にどうぞ
 TEL.03-5795-1215
 10:00〜18:00まで
 (土日 祝祭日を除く)


 ●メールの受付は24時間
 お問合せはこちら

ドラムの防音室なら「環境スペース」 TOP

ドラム練習室をご自宅に。
プロ仕様のリハーサルスタジオを数々施工した実績のある防音工事のプロ
「環境スペース」があなたの夢を叶えます。


資料無料ダウンロード

環境スペースでは、個人住宅用のドラム練習室からプロのための練習スタジオに至るまで、お客様のニーズに
合った楽器演奏空間の設計から、施工まで使いやすく、快適な環境をデザインいたします。
防音室の造り方
ドラム室の特徴 デザイン性 リーズナブルプライス 遮音性能

他社との違いを実感してください。

 細部にまでこだわった防音(遮音)・音響性能

■部屋の中に部屋を浮かせる、浮遮音層構造
通常、低周波の音は建物を伝わって漏れてしまいます。
ドラム室で発生する音が外部に漏れて近隣に迷惑がかからないようにすることが重要なポイント。
環境スペースのドラム室は、建物(住宅)の構造に、固定遮音層をプラスして、壁・天井の遮音・防振構造
(浮遮音層)が必須条件となります。

■開口部の遮音性能
防音ドアや防音サッシ等の建具の性能、本数、位置など、開口部についても遮音性能の配慮が必要です。
場合によっては、外部への開口部は設けない等の計画も必要になります。

■特に苦情の多い練習室は…
苦情の多い練習室では、防振構造が無いところが非常に多く問題となっています。
たとえば、地下室につくるので壁の遮音層はいらないと考えがちなのですが、それが致命傷になって
しまう場合があります。環境スペースは、高い遮音性能と、音響性能を備えたドラム防音室をオーダーメイドで
施工いたします。

■室内の反射音を適性にコントロール
実際に部屋で聴こえる音は、楽器等から出た音と、部屋の床、壁、天井に反射した音が混じりあった音です。
本来の音を聴くためには、室内の反射音を適性にコントロールすることも重要なポイントです。
四角の部屋というのは高音域での音響障害を生じやすいため、それらを防ぐために平行する反射面を
設けないようにする等の配慮が必要です。 環境スペース独自の音響調整パネルを効果的に使用することで
微妙な音響調整が可能になります。

 オーダーメイドならではの自由な空間設計とデザイン性

■デザイン性
空調設備(エアコン)、換気設備、電源(コンセント)、照明器具等の基本設備、便利さや、内装の仕上げを
含めた、デザイン性も考えてトータルプロデュースいたします。事前の打ち合わせ時にCGパースでイメージを確認しながら、より満足のいただけるドラム防音設計をいたします。
項目
お客様の声 ●お客様インタビュー
神奈川県相模原市在住 T様
自宅の新築に合わせて、木造2階建住宅の1階に約8帖の防音室を作りました。木造は鉄筋コンクリートに比べて音が漏れやすいので、性能はプロスタジオ並のD75になるようにお願いしました。大きな音や振動のでてしまうドラムを演奏することを考えても十分な性能です。環境スペースには、防音室の設計と施工を依頼しました。それ以外の設計・施工は、地元の設計事務所と工務店にお願いしました。
くわしくは
項目
お客様の声 ●お客様インタビュー
静岡県浜松市在住 N様
2階建ての1階部分に12畳の大きさの防音室を作りました。
家屋が南北に長いつくりになっているので、
台所を南側の明るいところに配置し、防音室は北に配置しました。
防音室からリビングに続く扉は3枚です。天井に吸音材を張り、
ドラムの後ろの壁には20cmの吸音材があります。
性能は最大のD75を依頼しました。

くわしくは
施工事例国立音楽大学ジャズドラム練習室
くわしくは>>
問合せ・見積り
ドラム防音 | 遮音・音響性能 | デザイン性 | 費用の目安 | 相談から完成まで | お客様の声 | Q&A | 会社概要 | サイトマップ

建築音響測定 一般建設業許可取得 (許可番号 東京都知事許可 第122192号)
計量証明事業登録 (登録番号 東京都計量検定所 登録第1307号)
日本健康住宅協会日本音響学会
環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3−28−12 ATYビル3F
Tel:03-5795-1215  Fax:03-5795-1216
Copyright(c) ドラム防音.com All rights reserved.