ドラム防音工事は音のプロ「環境スペース」へ

会社概要 サイトマップ
ドラム防音.com 問合せ・見積り
思いっきりドラムを叩きたい
防音・遮音・音響性能
遮音防振設計
室内音響設計
KSAパネル
 ●お電話でお気軽にどうぞ
 TEL.03-5795-1215
 10:00〜18:00まで
 (土日 祝祭日を除く)

 ●メールの受付は24時間
 お問合せはこちら

ドラム防音> 遮音・防振設計

遮音・防振設計
■遮音・防振設計
遮音は、部屋から室外へ漏れていく音と室外から侵入してくる音の両面から考えますが、ドラム練習室の
場合は室内で出す音と振動が隣接する部屋や隣戸に迷惑にならないようにすることが重要です。
部屋の遮音性能は、D値という等級で評価されますが、D値と聞こえ方はおおよそ下記表のような関係に
なっています。この評価は一般住宅であり、ドラム練習室の場合2ランクほどずれてきます。
隣室の使用条件により必要な遮音性能は変わりますが、D-75〜D-65程度が目標値となります。
特に集合住宅などの場合は、打楽器系の音は、かすかに聞こえるだけでも苦情となることもあり、
十分な対策が必要となります。
■遮音等級と聞こえの関係(一般住宅)
「建築物の遮音性能基準と設計指針」日本建築学会より

遮音等級
|
65

|
60

|
55

|
50

|
45

|
40

|
35

|
30

|
25

|
20

|
15
ピアノ・
ステレオ等の
大きな音
通常で は聞こ えない ほとん
ど聞こ
えない
かすか
に聞こ
える
小さく聞こえる かなり
聞こえ
曲がハ
ッキリ
分かる
よく聞
こえる
大変良
く聞こ
える
うるさい かなり うるさい 大変うるさい
■遮音等級と聞こえの関係(ドラム室)
「建築物の遮音性能基準と設計指針」日本建築学会より
遮音等級
|
75

|
70

|
65

|
60

|
55

|
50

|
45

|
40

|
35

|
30

|
25
ドラム室
ドラム練習室
通常では聞こえない ほとんど聞こえない かすかに聞こえる 小さく聞こえる かなり 聞こえる 曲がハ


リ分かる
よく聞こえる 大変良く聞こえる うるさい かなり うるさい 大変うるさい
壁・天井の遮音・防振構造(浮遮音層)
ドラム練習室では、振動を伝搬させないような床の防振構造が必要不可欠となります。
また、壁・天井に入射した音が物体内を伝搬し隣室に放射する音(固体伝搬音)があるため壁・
天井の遮音・防振構造(浮遮音層)が必ず必要となります。
防振構造
ドラム練習室で良い室内環境をつくりだすためには、室内の静かさが必要となります。そのためには外部
からの騒音及び内部の設備騒音を防ぐことです。内部の設備騒音の目標は下記に示す表よりNC-20〜30
程度になります。また、外部騒音は、建設場所の事前調査が必要となります。
■用途別室内騒音の許容値
用途別室内騒音の許容値
問合せ・見積り
ドラム防音 | 防音・遮音・音響性能 | デザイン性 | 費用の目安 | 相談から完成まで | お客様の声 | Q&A | 会社概要 | サイトマップ

建築音響測定 一般建設業許可取得 (許可番号 東京都知事許可 第122192号)
計量証明事業登録 (登録番号 東京都計量検定所 登録第1307号)
サウンドゾーン日本健康住宅協会日本音響学会
ピアノ防音
環境スペース株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3−28−12 ATYビル3F
Tel:03-5795-1215  Fax:03-5795-1216
Copyright(c) ドラム防音.com All rights reserved.